スポンサードリンク

2008年4月30日水曜日

推定末端圧一定型給水方式

この推定末端圧一定型が、現在主流になってきているようです。

名前だけ聞くと、複雑そうですが、インバーターを使用して、必要な水量・揚程に合わせて、モーターの回転数を制御しています。

小水量の時には、Q-Hカーブ上で運転させるほど、揚程は必要ないので、設定されている圧力を目標に、インバーターによって周波数を下げた状態で運転させます。
水量が増えてくると、今度は周波数を上げていってやります。
このように、設定圧力に対して、インバーターを使用し、圧力を一定にする方式を推定末端圧一定型と呼んでいます。

定圧型や減圧弁型などに比べて、モーターの余分な回転数を削減することができるので、この方式が省エネといわれている所以です。

上記のように、電気料金については、この推定末端圧一定型が一番安価にすることが出来ます。

ポンプユニットの価格は、3種類の中では、一番高いです。