スポンサードリンク

2008年4月30日水曜日

減圧弁型給水方式

減圧弁型給水方式とは、吐出し圧力一定型とも呼ばれますが、名前の通り、ユニット自体に、減圧弁機能が内蔵され、一定圧力にて運転できる方式です。

定圧型は、Q-Hカーブに沿った運転をしましたが、減圧弁型では、圧力の高い部分を吸い込み側に戻してやり、ある水量域までは、一定圧力にて運転させることができるのです。

この吸い込み側への戻り量を変えてやることで、吐出し側の圧力調整は可能となります。

しかし、ポンプが運転しているのは、Q-Hカーブ上での運転ですので、定圧型と、電気料金的にはさほど差がないと思われます。

価格は、3種類の中では、真中の価格帯となります。