スポンサードリンク

2008年4月30日水曜日

定圧型給水方式

給水ポンプユニットの運転方式は大きく分けると下記の3種類に分けられます。
1.定圧型給水方式
2.減圧弁型給水方式
3.推定末端圧一定型給水方式

まずは、定圧型給水方式とは
ポンプの能力を表す、性能曲線があり、Q(給水量)、H(揚程、圧力)によって表されます。
一般的にQ-Hカーブと呼びますが、この能力曲線に沿った運転をするタイプのポンプを定圧型と呼んでいます。
分かりやすくすると、ポンプのもっている能力をそのまま使っている方式なので、例えば、小水量の時には、当然曲線上は、揚程が高くなるということになるので、圧力が上がりすぎる傾向になりがちです。
逆に、水量が増えてくると、曲線は、右下がりですから、圧力が下がってきます。

運転中の圧力設定ができないのと、圧力変動が大きいのがデメリットです。(起動圧と停止圧は設定できます。一部メーカーでは、停止は流量センサーというのがあります。)

価格は、3種類のタイプの中で、一番安いのがこの定圧型です。
予算がないときにはお勧めです。

あまり圧力変動が気にならないような建物に適しています。