スポンサードリンク

2008年4月30日水曜日

給水ポンプユニットとは

私たちが生活の中で、欠くことのできないもの。

それが【水】です。

この水は、なぜ蛇口をひねるとでてくるのでしょうか。

それは、水に力が加えられているからなんです。この力を加えているものがポンプと呼ばれるものです。

そのポンプの中でも、水道圧で各給水栓に水を直送する方式がとれない設備にはポンプで加圧し、送水する方式がとられます。
こうした設備に用いるポンプユニットのことを、給水ポンプユニットと言います。

定圧型給水方式

給水ポンプユニットの運転方式は大きく分けると下記の3種類に分けられます。
1.定圧型給水方式
2.減圧弁型給水方式
3.推定末端圧一定型給水方式

まずは、定圧型給水方式とは
ポンプの能力を表す、性能曲線があり、Q(給水量)、H(揚程、圧力)によって表されます。
一般的にQ-Hカーブと呼びますが、この能力曲線に沿った運転をするタイプのポンプを定圧型と呼んでいます。
分かりやすくすると、ポンプのもっている能力をそのまま使っている方式なので、例えば、小水量の時には、当然曲線上は、揚程が高くなるということになるので、圧力が上がりすぎる傾向になりがちです。
逆に、水量が増えてくると、曲線は、右下がりですから、圧力が下がってきます。

運転中の圧力設定ができないのと、圧力変動が大きいのがデメリットです。(起動圧と停止圧は設定できます。一部メーカーでは、停止は流量センサーというのがあります。)

価格は、3種類のタイプの中で、一番安いのがこの定圧型です。
予算がないときにはお勧めです。

あまり圧力変動が気にならないような建物に適しています。

減圧弁型給水方式

減圧弁型給水方式とは、吐出し圧力一定型とも呼ばれますが、名前の通り、ユニット自体に、減圧弁機能が内蔵され、一定圧力にて運転できる方式です。

定圧型は、Q-Hカーブに沿った運転をしましたが、減圧弁型では、圧力の高い部分を吸い込み側に戻してやり、ある水量域までは、一定圧力にて運転させることができるのです。

この吸い込み側への戻り量を変えてやることで、吐出し側の圧力調整は可能となります。

しかし、ポンプが運転しているのは、Q-Hカーブ上での運転ですので、定圧型と、電気料金的にはさほど差がないと思われます。

価格は、3種類の中では、真中の価格帯となります。

推定末端圧一定型給水方式

この推定末端圧一定型が、現在主流になってきているようです。

名前だけ聞くと、複雑そうですが、インバーターを使用して、必要な水量・揚程に合わせて、モーターの回転数を制御しています。

小水量の時には、Q-Hカーブ上で運転させるほど、揚程は必要ないので、設定されている圧力を目標に、インバーターによって周波数を下げた状態で運転させます。
水量が増えてくると、今度は周波数を上げていってやります。
このように、設定圧力に対して、インバーターを使用し、圧力を一定にする方式を推定末端圧一定型と呼んでいます。

定圧型や減圧弁型などに比べて、モーターの余分な回転数を削減することができるので、この方式が省エネといわれている所以です。

上記のように、電気料金については、この推定末端圧一定型が一番安価にすることが出来ます。

ポンプユニットの価格は、3種類の中では、一番高いです。